TOKYOWISE Neo

Ren-Sai

雑の極みを面白おかしくご紹介する
【連載】雑’sエンターテインメント Vol.1

はじめまして。
わたくし、Instagramにて「雑’エンターテインメント」という、我が奥さま「アヤコ」の愛すべき雑っぷりをささやかに紹介するアカウントの中側の人、アヤコの夫でございます。
この度、光栄にもTOKYOWISE Neoさまのお目にとまり、こちらでもどうか?とお声がけいただき連載を開始させていただくというありがたい運びとなりました。まさか身内しか見ていない極小アカウントが、全国規模で皆さまにお届けする機会をいただけるとは夢にも思っているはずもなく。
ちなみに、どうせなら家族全員参加できたらという編集長さまの計らいで、表紙イラストは娘のナツメが描いております。

ひとまず初回となる今回だけでもと、丁寧にご挨拶させていただいた次第でございます。
感謝。


さて、この連載では、とにかく我が家で日常的に起こる非日常的なアヤコの一流な雑っぷりをエンターテインメントとしてわたしの主観とともに紹介していきます。とはいえ、Instagramアカウントとまったく同じものをせっかくお立ち寄りいただいた読者さまにお見せするのも申し訳なく思うので、こちらではアヤコ本人のコメント付きでお送りできればと思っております。
ちなみにアヤコに関して少しだけ触れておきますと、1977年生まれ東京都出身。職業は編集者・文筆家。特技はたこ焼きとピザ回し(ともにプロ並)です。本人が登場することはなかなかないかと思いますので、どんな人物なのかは各々のイメージ内で楽しんでいただければ。

家庭内で起こる本当に些細な出来事ではありますが、少しでも皆さまの癒しになればこれ幸いかと。
それではお楽しみください。

我が家の基本の基

床置きシリーズ1:テレビのリモコン
床置きシリーズ2:ハンドバッグ
冷蔵庫内にしまわれた食器

もう片方のスリッパの行方

アヤコは、床をはじめ、こちらの予期せぬとこにモノを置く習性があります。たとえば洗った食器が冷蔵庫の中から出てくるなど(笑)。
基本、開けたものはすぐに閉めません。出したものは出しっぱなしです。でもそれはできないということではなく、時間経過という段階を追って行動に移していく気持ちからの結果のようです。
どうぞ宜しくお願いいたします。

置きたい時に、置きたい場所に置いているだけなのです。
洗った食器in冷蔵庫は、食器棚の隣に冷蔵庫あるから間違えちゃうよね。
こういうの見て「ホッとする」と言ってくれる人、意外と多いんだけどな。

Comment from アヤコ

もうドキドキしかない

全身がヒヤッとした感覚を今も鮮明に思い出します(笑)

ある日帰宅すると恐ろしい光景が目に飛び込んできました。
ドアを開けたら何も起きていないことを祈ります。
実は、過去に一日中玄関を開けっぱなしで出掛けていた前科もあるのです…。

こんなことって皆さんのご家庭でもあります??

きっと急いでたんだと思う。
毎日一生懸命生きてるからさ。
けっこうやってる人多かったりするんじゃない(笑)。

Comment from アヤコ

理解に苦しむんだな

もう笑うしかないんだよな、ここまでいくと(笑)

また、ある日帰宅するとなんとも不思議な光景が目に飛び込んできました。

急いでたらなおさら中で脱ぐだろうし、陰干しするならここでなくてもいいし…。
考えれば考えるほどわからん 謎。
なぜ玄関の外で脱いだのか理由を教えろやいw

それとも誰か解明できますかね?(笑)。

どこで脱いだってよくね?と言いたいところですが、
正直記憶にないんです…。
やばいね…。

Comment from アヤコ

我が家でこの状態は「地獄」と呼ぶ

グツグツという表現では全然足りない!

日常の光景すぎてもうびっくりしなくなりました。
アヤコの迷言にはこんな言葉があります。
 「料理は常に強火でしょ」
なるほどね。忙しい主婦層の共感率高しでした(笑)。 
こんなの見ると料理とか下手そうに見えますよね。
ところが毎晩食卓には5から7品くらいは並べてくれるんです。
意外でしょそれもw 

味噌汁は熱ければ熱いほど美味いの!
なので、決して忘れた訳ではないんです。
こんな日常茶飯事をわざわざ載せるなって感じ!(笑)。

Comment from アヤコ

連載第一回目は、ジャブ程度にアヤコの生態をお届けさせていただきました。まだまだ宇宙のような彼女のおもしろ行動を撮り溜めていますので、次回以降も首を長くしお待ちください!

写真・文:中村竜也
イラスト:夏芽

PAGE TOP